格安のレンタカーでも補償を受けられるので安心

   

レンタカーにかかる料金は各社で違いがありますが、必要なサービスが備わっているのであれば安くで利用できる方がお得です。近年は格安でサービスを提供している店舗も増えており、借りられる車も清掃やメンテナンスが行われているので快適に使用でき、不都合はありません。しかし、安いために補償が損なわれてしまうと万一のときに多額の出費が発生してしまうので心配を抱きがちですが、この不安点もしっかりとカバーされています。利用料金の中に最初から保険料が含まれており、申請しなくても借りる際に自動で適用されるため、付け忘れることがないので安心です。
ただし、免責事項とされる保険の対象外になる利用方法、例えば原因が故意であったり、飲酒運転をした場合などがあるため、内容を確認して適切な利用を心掛けましょう。

保険はどのような仕組みになっているか

レンタカーの保険の仕組みは基本料金の中に保険料を含んだ形になっているので、意識しなくても適用されます。格安であっても対人・人身と対物・車両の両方の補償が受けられ金額も十分なので、万一のときの備えになります。
このように元々保険が適用されるため、別途自分で保険に加入しておく必要はありません。そのため、ときどきしか車を使わない人などは保険料の節約ができるというメリットがあります。ただし、給付される保険金が損害額を超えてしまうことが絶対にないとは言えません。不安であれば自分でも保険に入っておくと良いでしょう。
保険が適用された場合でも免責額として対物・車両のそれぞれに50,000円を実費で支払うことになり、走行不能になるなど修理や清掃が必要であればノンオペレーションチャージが発生します。軽い負担ではありませんが、これもオプションを適用すると回避できます。

安心に利用するためのオプションもある

いくら保険が適用できても免責額の負担が大きいと利用のしにくさを感じるようになります。これに対して1,000円程度のオプションで免責額が不要になるメリットのある免責補償制度が用意されているので、不安があれば適用を検討すると良いでしょう。保険とは異なり自動適用ではないため、免責額の負担が許容できると考える場合は使用しなければ安く利用できます。どちらを優先するかは人それぞれなので、自分で検討して決めましょう。
また、ノンオペレーションチャージも最大で50,000円程度になるので負担が大きいですが、これも含めて支払いが不要になるオプションが用意されている場合もあります。料金は少し高くなりますが、万一のときの支払い額が不要になるので安心です。レンタカーの利用頻度が少ない場合はこのオプションを適用した方が良いでしょう。

ピックアップ記事

格安のレンタカーでも補償を受けられるので安心

レンタカーにかかる料金は各社で違いがありますが、必要なサービスが備わっているのであれば安くで利用できる方がお得です。近年は格安でサービスを提供している店舗も増えており、借りられる車も清掃やメンテナンス...

レンタカーは格安料金で利用できとても便利な存在

現代では税金やガソリン代などの増額により、あえて自分の車を持たないという選択をする人も増えてきている傾向にあります。確かに電車を使えば通勤には困りませんし、買い物施設の増加に伴ってショッピングをする場...

格安レンタカーの比較からわかること

レンタカーにはさまざまな種類がありますが、最近できたお店の多くは格安のところが一般的です。もともとレンタルをする会社は複数ありましたが、その中で新規参入する場合には値段で勝負するのが一番良いと考えられ...